北陸地域の建設プロジェクトの一翼を担う総合建設コンサルタント

社会貢献(CSR)

社会貢献(CSR)

弊社は、「経営理念」、「品質方針」のもと、社会資本の整備をリードしていく立場にある建設コンサルタントとして、これまでに培ってきたステークホルダー(利害関係者)との信頼関係、期待、高い社会的倫理感をもちながら、CSR(Corporate Social Responsibility,企業の社会的責任)の一環として、積極的に社会貢献に寄与する活動に取り組んでおります。

社会貢献(CSR)

地域貢献活動

  • 鳥屋野潟一斉清掃
  • 鳥屋野潟一斉清掃

毎年、春と秋に開催される「鳥屋野潟一斉清掃」では、豊かな鳥屋野潟の環境を守るため地域住民、学校などとともに、弊社社員も一緒になってごみ拾い行っております。
この取り組みは、弊社の社会貢献活動の一環として平成24年5月から継続的に実施しているもので、子どもと一緒に楽しみながら参加する社員もおります。

情報セキュリティポリシー

 開発技建株式会社(以下、「当社」という)は、会社として取り扱う情報は当社にとって重要な資産であり、これを保護することは顧客及び当社にとって重要であると認識しています。
 そこで、取り扱う情報に関連するコンピュータ等の情報機器や紙媒体、CD等の記録媒体を情報資産として位置づけ、これら情報資産を情報漏洩等から防ぐために、情報資産を使用する者(以下、「社員等」という)全てにその取り組み方等を周知することを目的に情報セキュリティポリシーを策定しています。
以下に、当社情報セキュリティポリシーの主な事項を示します。

1.情報セキュリティ管理体制
 社員等は、情報セキュリティ管理体制を維持し、この情報セキュリティポリシーの順守を図ります。
(1)適用組織
 当社全ての組織を対象とします。
(2)管理体制
 情報管理は、社長の指示のもとセキュリティ管理責任者及びセキュリティ管理事務局が統括し、各部署のEOA管理者と共に社員等の情報セキュリティに関する事項の計画(Plan)、実行(Do)、点検(Check)、処置(Act)を実施しています。
2.情報セキュリティ管理方法
 当社では、情報機器管理、ソフトウェア管理、使用者の制限などを実施し、外部からの不正侵入や情報漏洩を防止しています。
3.情報セキュリティ監査体制・方法
 各部署のEOA管理者は、定期的な監査を基本として情報セキュリティポリシーの順守状況等を監査します。
4.物理的保護
 スパイウェアを含むウイルスの侵入・ハッキングなど、ネットワークからの侵入を防止するとともに、部外者による情報流出等を防止するための策を講じます。
5.教育訓練
 情報セキュリティの認識向上、情報機器の取り扱い、事故発生時の処置(報告)手順などを周知します。
6.情報資産の返却・廃棄
 情報資産は不用意に廃棄せず、コンピュータ機器類の情報機器や紙媒体・CD・DVD等の記録媒体は、破砕等を行い、復元判読が不可能な対応を図っています。
7.業務の再委託先の管理体制
 当社の情報セキュリティポリシーと同等以上のセキュリティレベルを確保するよう指示しています。
8.事故発生時の対処方法
 事故が発生した場合は、速やかに原因を把握し、対策を講じて再発防止を図ります。
業務において情報漏洩事故が発生した場合は、情報管理責任者は速やかに顧客に届け出ます。
附則
 この情報セキュリティポリシーは、2008年4月1日から施行します。
  改定 1. 2012年9月21日

  改定 2. 2014年9月1日
  改定 3. 2015年4月1日
  改正 4. 2016年4月1日

個人情報保護方針

開発技建株式会社は、特定の個人を識別することができる情報(以下「個人情報」という)を適切に取り扱うことが企業の重要な責務であり、安全な地域社会の構築に寄与する事と考えます。そこで、次に掲げる個人情報保護方針を定め、全社員に周知徹底するとともに、個人情報の適切な保護に努めます。

1.個人情報の利用範囲
個人情報保護のため、個人情報の収集・利用及び提供に関する「開発技建株式会社 個人情報保護規定」を定め、実践順守します。特に、同意を得ずに個人情報を、目的以外の利用・提供を行いません。
2.個人情報に関する安全管理対策
(1)個人情報の紛失、漏えいなどへの適切な対策として「情報セキュリティポリシー」に基づいて実施します。
(2)個人情報保護等について全社員に周知するとともに、順守状況の定期的な点検等を行います。
3.改善について
個人情報の保護や取り扱いについて、改善が必要と認められた場合には、必要に応じた改善を図ります。
附則
 この個人情報保護方針は、2005年8月1日から施行します。
  改定1 2011年2月25日
  改正2 2014年9月1日
先頭へ